家計を預かる主婦の苦悩

統計局の調査によると年収が350万円未満の世帯では貯蓄が100万円以下の家庭が実に多くなっています。
サラリーマンの平均年収が33歳で442万円というこの時代です。
平均値は442万円ではありますが高収入の職業もありやはり中央値で考えると年収は300万円から400万円が最も多くなっています。
つまり一般所得は350万円前後であり、多くの方が貯蓄額が100万円未満の状況です。
現在の家庭の状況はどのようになっているでしょうか。
ここでは子育て中の家庭で家計を預かり奮闘している主婦が、どうしてもまとまった金額を用意しなければならないの時の対処法について考えていきましょう。
まとまった金額、それは状況によって異なるものです。
子供の部活動の遠征費用で3万円が必要ということもあるでしょう。
急な葬儀で遠方に向かわなくてはならず家族全員分の交通費で20万円が必要になることもあるかもしれません。
子供が他人の物を壊してしまいその修理費用が10万円必要になったということもあるかもしれません。
毎日の生活を節約しながら送っている中でこれだけの金額を用意しなければならないとなると心穏やかにはいられません。
将来に向けた貯蓄をしており、定期預金や生命保険もあるでしょう。
解約すればなんとか用意ができる金額だったとしても、主婦であれば考えるはずです。
「本当に解約しなければ乗り越えられない金額なのだろうか」
これまで節約に節約を重ねてここまで貯めてきた預金や生命保険を、今一時のことで解約をしなければならないのか考えなくてはなりません。
もし、解約をしなくても乗り越えられるのであればそれに越したことはありません。
家計を預かっている以上、今現在の状況だけではなく、遠い先を見据えた家計管理をしていかなくてはならないのが主婦の苦心を重ねる所でもあります。
「借入で解決できるのであれば」
それも頭をよぎることでしょう。
今、その段階ではありませんか?
借入という言葉が浮かんでは打消し、浮かんでは打消し、その繰り返しかもしれません。
確かに借り入れということは安心できる言葉とは違います。
借入、キャッシング、そんな言葉でも使われるようになりましたが要は借金であることには変わりありません。
だからこそ慎重になるものであり躊躇することでしょう。
お金を借りることは簡単ではありません。
しかし状況を考えて、借り入れについての基礎知識をしっかりとつけていればそれは決して危険なものではなくなります。
むしろ保険や貯蓄を解約しないまま、そして家計にかかる負担を最小限に抑えたままに借り入れができる方法でもあります。
借入、それはしっかりと考えると決してマイナスではない、それを今お悩みの主婦の方に向けて発信していきましょう。

プロミスにある30日間無利息を活用する

初めてプロミスを利用するならぜひ活用したいのが30日間無利息です。
少額キャッシングで短期間に返済ができるのであれば30日間で完済できる計画を立てましょう。
例えば必要な金額が5万円で手元に2万円があればなにも5万円を借り入れる必要はないわけです。
必要最低限の金額に抑えることができれば30日で完済も難しいことではないはずです。
それではプロミスの30日間無利息はどのような条件で適用されるのかご説明しましょう。
・初めてプロミスを利用すること
・Eメールアドレスを登録すること
・WEB明細を利用すること
この3つの条件がクリアできれば誰でも30日間無利息が適用されます。
初めてプロミスを利用すること、この条件は問題ないでしょう。
Eメールアドレスの登録も面倒なものではありません。
WEB明細、それが気になるでしょう。
利用明細書は自宅への郵送かプロミスの公式ホームページから書面で確認のどちらかを選択することになります。
自宅あてにプロミスからの明細書が郵送されてくることを歓迎する人は少ないでしょう。
会員ページから明細書を確認する、それには何も問題はないはずです。
30日間も無利息は初めての借り入れの翌日からカウントされて30日間です。
他の消費者金融では契約翌日から30日間ということもあり即日に借り入れをしない場合には30日足らずになることもあります。
その点プロミスは借り入れ翌日からとなっていますので30日間を有効に使うことができます。
この30日間の間はいくら借り入れをしても何度借り入れをしても無利息です。
つまり金利が0%になります。
もちろん30日の無利息期間終了後には通所の金利が加算されますのでその期間内に完済ができるように努めましょう。
ただし、30日間のうちに借入残高の内、大半を返済することができれば借入残高が少なくなりそれ以降の利息も抑えることはできます。
1回の完済ではなくても、1回目の返済で大きな金額を用意できなおかつそれ以降の利息を抑えることができる計画を立てられるのであれば複数回の借り入れでもマイナスではないでしょう。
そうはいっても30日で完済できるだけの利息はそれほど大きなものではありません。
返済方法によってはその返済手数料の方が多くかかってしまうこともあります。
利息を支払わないことを目的としながらその本当の目的は早い完済を目指すことにあります。
もし30日間無利息がなければどうでしょうか。
多少の利息がかかったとしても月々の返済が負担にならない程度の金額しか用意しないかもしれません。
結果として返済期間が長くなり、利息はその分膨れ上がることになります。
30日間無利息があるからこそその期間を有効に使おうという意識が働くでしょう。
実際にはそれほど利息に影響する期間でもありません。
30日間無利息は、カードローンの計画を短期間で完済するものにたてていくための一つのきっかけと考えてよいでしょう。